聞き耳たてる

会社のトラブル

双眼鏡を眺める男性

企業の中に潜むリスク

プライベートの人間関係だけでなく、ビジネスの場面でも探偵を利用する企業が多いです。
企業が存続する為には、事業が健全に運営される必要があります。
健全な運営とは、法的にもまた倫理的にもまっとうな経営を行なう事です。
様々な取引先と付き合うとともに、従業員にも様々な人間がいます。
探偵社ではなかなか見抜けない相手の人柄、また企業内での不正を見つける為に利用できる調査サービスがあります。

取引先の信用調査

企業信用調査は、一般の人にはあまり知られていませんが、実は多くの企業が行なっています。
大きい企業だからと言って、安定しているとは限らないものです。
取引先とのトラブルを避ける為、また統合やM&Aを検討する企業では、数字や世間の評価だけでは見えない事実をしっかりと知っておく必要があります。

社内の不正

健全に運営していると経営陣や管理職側が考えていても、事実は全く異なるという事も多いです。
情報化社会と呼ばれる現代では、個人情報はお金になる商品のひとつです。
自社で責任持って管理、運用していると顧客は考えているものですが、それが流出してしまえば、一気に評判は地に落ちます。
しかもそれが企業内のスタッフによって行われていた事例は多いです。
個人情報の保護や資金の横領の事実、または怪しいという報告があった際に探偵を利用して社内調査をするという企業も多いです。
また、離職率が高いと頭を悩ませる管理職の人は、上からは見る事の出来ない、社内風土の変化を知るきっかけに探偵社を使う事も出来ます。
パワハラやセクハラといった事例は、社内の人材に悪影響を及ぼすとともに、露見した場合の風評被害のリスクがある為、事前に探偵の調査が有効な場合があります。